CRCの面接で合格するためのポイント

CRCで気になる求人情報を見つけることができたら、実際に面接を申し込みましょう。 その際に、CRCに求められることについて知っておいたほうがいいですね。 面接官がどういった点を重視して採用を判断するのか理解しておけば、合格率をアップさせることができます。

特に重要なのがコミュニケーション能力なのですが、面接の際に自分が持っているコミュニケーション能力をアピールすることが大切です。 当然のことながら、口で「人と話をするのが得意です」と言ったとしても、面接官との会話がテンポよく進まなかったりすると、本当かな?と疑われてしまいますよね。

では、どういった点に注意しておけばコミュニケーション能力を評価してもらえるのかというと、まずはしっかりと会話をすることが大切です。 CRCの仕事では、医師だけでなくたくさんの患者さんと会話をする場面があります。 そのため、面接官は面接の中でたくさんの質問などを行い、会話能力を見ることが多いんです。

緊張しすぎていると相手の言っていることを違う意味でとらえてしまったり、返答がおかしくなってしまうことがあるので、あがりやすい人は緊張を抑えることができるように工夫する必要があります。

基本は、相手の顔を見ながら相槌を打ち、笑顔も取り入れながら敬語で話をします。 面接官は、「この人を採用したら患者さんとうまくコミュニケーションを取ってくれるか?」ということを面接で判断する必要があるんです。

それから、CRCという仕事をよく理解しているかどうかという点もチェックされます。 CRCの仕事は他の医療関係の仕事とは異なる点も多く、実際に働き始めてみないと現場での仕事も想像しにくいでしょう。

しかし、CRCの仕事についてよく理解しないままで応募されたとしても、面接官は良い印象を持ちません。 できるだけ事前に調べ、自分はどのように活躍することができるのかをアピールしましょう。 CRCは採用率が高い職業ではありますが、面接対策はしっかり行っておいたほうがいいです。

ページの先頭へ