CRC(治験コーディネーター)になれる年齢制限は?



治験コーディネーター(CRC)を目指す人達は看護師や薬剤師が多いです。看護師や薬剤師に限らずどんな職業だとしても仕事をするに年齢はあまり関係ないと思います。年齢よりも気持ちの持ち方や考え方や転職への熱意が大事です。
助産師のお給料・年収について

いくらカラダが若く元気でも、だらだらしてやる気がない人は積極的に採用されません。 40歳代や50歳代でも効率よく仕事をこなし熱意がある人は企業は雇用したいと判断します。

職場によっては<○○歳まで>というような年齢制限があるところもありますが、年齢制限をしていない<年齢不問>というところも少なくありません。 年齢を重ねることで経験値はあがりますし、スキルや知識や技術もアップするというとらえ方もあります。

そう考えると、どんな職業であっても転職をする場合に年齢は関係ないでしょう。 看護師や薬剤師でも同じで、経験を活かして転職をすればいいのです。 若い人は若さを活かした働き方をすれば良いです。 それぞれの個性や特徴を生かし転職すれば良いのです。

年齢が理由で不安を感じている人や転職を諦めている人は自分の可能性を制限しているので勿体ないです。 ネガティブな気持ちをポジティブな気持ちに切り替えて転職活動をしてみましょう。 治験コーディネーターに転職をするのに年齢は関係ないという事は理解してもらえたと思います。

次はCRC(治験コーディネーター)になるために必要になるスキルや能力についてお話します。 治験に参加する患者様への対応が大切で、不安な気持ちを理解し心のケアを行えるかどうかがポイントです。
公益社団法人 高知県薬剤師会

人間同士の繋がりやコミュニケーション能力が要求されますし、相手の気持ちを察する判断力や言葉のかけ方も気をつけなければなりません。 製薬会社のスタッフとの情報交換も不可欠ですから色々なところでコミュニケーション能力が必要ですから、人と関わるのが苦手な人にとっては難しい仕事になるでしょう。

そしてパソコンを扱うのも前提で、データ収集や書類作成もCRCの役割です。 ワードやエクセルやパワーポイントなどマイクロソフト系のソフトやパソコンの基本となる操作は身に付けておかなければ業務になりません。

知らない世界に転職をするのは大変だと思いますが、それを実現し仕事をこなすことで大きな達成感を味わえるのは間違いないでしょう。

派遣助産師として働く

安定して働きたいと考えているのであれば、正社員や、パートタイマーを選択したほうがいいでしょう。ですが、自分のライフスタイルを優先させたいと思っているのであれば派遣として働くのがおすすめです。

派遣として働くことができれば、自分が希望する条件に合った職場で働ける可能性が非常に高くなります。契約は病院ではなく各派遣会社と行う形になるのですが、派遣会社と派遣先についてよく相談をすれば、自分の希望にぴったりの職場で働くことができるわけです。

正社員として働き始めた人の中には、「契約内容や給料、仕事内容や休日が事前の説明と違う」と悩んでしまう人もいますよね。ですが、派遣として働いていればそのことを派遣会社に報告し、改善してもらうことができるのです。

もし問題を解決できないようであれば他の派遣先を紹介してもらうこともできるわけなので、条件の食い違いに悩まされるようなこともありません。また、看護師や助産師の中には人間関係の悪化が原因で退職を検討する方もいますが、派遣助産師として働ければ例え職場に合わない人がいても契約期間が終わったら離れることができます。

このように様々なメリットがある派遣ではありますが、デメリットについても理解しておきましょう。まず、福利厚生や社会保険などの体制が整っていないということ。 病院の中にはこういったものが整っているところが多いのですが、派遣会社の多くは充実していません。

それに、契約期間が終わるまでは他の職場に移れない場合が多いので、合わない職場にあたってしまった時にはストレスや不満を溜めこむことになってしまうかもしれませんね。

派遣という働き方は、ブランクが長い助産師にも向いています。 実際に働きながら現場の勘を取り戻すことができるわけなので、正社員として働き始めるのは自信がないという方も派遣助産師としての働き方を検討してみてはどうでしょうか。

助産師という職業は忙しい日とそうでない日の差が大きいので、派遣という形で働く方の需要も多いです。

助産師の子育て事情

助産師といえば女性限定の仕事ということもあり、仕事をする中で自身の出産や育児についても考えなければならない場面があるでしょう。どういった職場で働くかということも子育てのしやすさを左右しますが、助産師の多くは病院に勤めています。

ですが、病院といえば夜勤などもあるため、助産師として働きながら育児もするのは大変ですよね。しかしながら、病院側も助産師不足の問題を解消するために様々な工夫をしてくれているのです。

例えば、小さな子供がいる助産師でも安心して働きやすいように24時間対応の保育園を用意してくれていたり、育児中の勤務時間は相談に乗ってくれるところが増えました。

また、小さな子供を抱える母親にとって心配なのが、子供が急に体調を崩してしまった時のことですよね。仕事が休めないとなると大変ですが、こういったことにも理解を示し、しっかり休めるように体制を整えてくれているところもたくさんあります。

育児をしながら働く上で最も考えなければならないのは夜勤に関することでしょう。 夜勤のことを考えるとどうしても職場復帰できず、ブランク期間が長くなってしまったという助産師もいます。

ですが、ブランクから復帰しやすいよう復職支援に力を入れている職場も増えてきました。 育児中の助産師から話をよく聞き、ライフスタイルを優先させてくれるような働き方を提案してくれるところも珍しくありません。

また、働き方をフルタイムではなく、パートや派遣に切り替えてみるというのもおすすめの方法です。この方法であれば、子供を保育園や幼稚園に預けている間だけ働くということも可能ですよね。

自身が出産をすると子育てに追われて助産師という職業から離れてしまう人も多いのですが、これはとてももったいないです。やはり実際に出産を経験した助産師のほうが妊婦さんへの接し方やサポートの仕方なども理解しているわけなので、自らの出産経験をもとにして助産師として活躍してみてはどうでしょうか。

ページの先頭へ